障がい者総合支援

障がい者総合支援とは

障がい者に対する福祉サービスは、長い間「措置制度」という仕組みで、自分の住んでいる市町村の障がい福祉主管課が、サービスの種類や提供量を決定して障がい者に給付してきました。

高齢者サービスが、2000(平成12)年に「介護保険制度」となり、介護を社会で支えるという理念のもと、他のサービスに先駆けて要介護認定の仕組みを作り、一人ひとりの希望に応じたサービスを提供するという制度に変りました。社会福祉の基礎構造改革という流れの中で、障がい福祉の分野でも、2006(平成18)年に施行された「障がい者自立支援法」により、障がい者一人ひとりにあったサービスを提供するという仕組みに変りました。

その制度を一歩進め、平成25年4月1日に「障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(通称:障がい者総合支援法)が施行されました。

ご利用対象

身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者、障がい児、難病者が対象となります。

サービス内容

身体介護(医療的ケアを含む)/ 家事支援 / 通所通学支援 / 余暇外出支援

※通所通学支援、予科外出支援につきましては、ただいまコロナウイルス感染拡大防止のため、新規ご利用は停止させていただいております。

ご利用までの流れ

※他事業所で、サービスをお受けしている方でも、当社のサービスに関心がございましたら、お気軽にご相談ください。

基本料金

ご利用料金につきましてはお問い合わせ下さい。