障がい者総合支援

障がい者総合支援とは

障がい者に対する福祉サービスは、長い間「措置制度」という仕組みで、自分の住んでいる市町村の障がい福祉主管課が、サービスの種類や提供量を決定して障がい者に給付してきました。

高齢者サービスが、2000(平成12)年に「介護保険制度」となり、介護を社会で支えるという理念のもと、他のサービスに先駆けて要介護認定の仕組みを作り、一人ひとりの希望に応じたサービスを提供するという制度に変りました。社会福祉の基礎構造改革という流れの中で、障がい福祉の分野でも、2006(平成18)年に施行された「障がい者自立支援法」により、障がい者一人ひとりにあったサービスを提供するという仕組みに変りました。

その制度を一歩進め、平成25年4月1日に「障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(通称:障がい者総合支援法)が施行されました。

ご利用対象

身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者、障がい児、難病者が対象となります。

ご利用までの流れ

介護認定を受けていない方

1
居宅介護支援事業所のケアマネジャーまでご相談ください。ご本人やご家族の代行で、役所へ申請手続きを致します。
2
ケアマネジャーがご自宅へ伺い、お話をおききし、介護保険やケアプランなどについて、ご説明させて頂きます。ご利用がお決まりになったら、居宅介護支援事業所との契約を行ないます。
3
役所に介護保険の申請を行い、後日、認定員がご自宅に伺って、介護認定調査が行なわれます。その後、認定結果が郵便にて送られてきます。
4
ケアマネジャーが、ケアプランを作成し、各介護サービスのご利用の手続きに入ります。
5
各サービスの事業所との契約をし、各介護サービスのご利用が始まります。

介護認定を受けられていてご利用してない方

1
居宅介護支援事業所のケアマネジャーまでご相談ください。
2
ケアマネジャーがご自宅へ伺い、お話をおききし、介護保険やケアプランなどについて、ご説明させて頂きます。ご利用がお決まりになったら、居宅介護支援事業所との契約を行ないます。
3
ケアマネジャーが、ケアプランを作成し、各介護サービスのご利用の手続きに入ります。
4
各サービスの事業所との契約をし、各介護サービスのご利用が始まります。

※他事業所で、サービスをお受けしている方でも、当社のサービスに関心がございましたら、お気軽にご相談ください。

基本料金

ご利用料金につきましてはお問い合わせ下さい。